2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐山の紅葉 見てきました
風邪をちょっと悪化させてしまい、気管支炎喘息をおこしてしまいました。一日会社を休んで病院へ。週末は家でミミと休養してました。ミミは私のお膝に乗ってくれたのですが、私が咳き込むたびに「動くな!」とギロリと睨まれ、私が鼻をぶーっとかむと、音が嫌だったようでピューっと逃げていってしまいました。つれないなー、ミミ。。。

さてさて、先日の日本滞在の話に戻ります。今回の出張はなんだかバタバタして慌しかったのですが、週末はお友達と京都・嵐山へ行って紅葉を楽しんで来ました~!!!その週丁度京都は紅葉見頃だったようで、さすがにすごい人出。写真は人混みをできるだけ写さないようにしたので全然わからないかもしれませんが、すごい人でした~。


嵐山駅を降りてすぐ、桂川にかかる渡月橋へ。見渡すと様々なカラーでにぎわう紅葉の風景、すばらしい。京都の紅葉!!とテンション上がりますねっ。

arashiyama1.jpg

紅葉を見るのがメインですが、もう一つ楽しみにしていたこと。京都で絶対食べたいと思っていた、湯葉料理!!お友達がとても良いお店に案内してくれました。手桶湯葉御膳!!お店に入るのにちょっと並びましたが、並ぶ価値ありです。湯葉たっぷり入ってました、こんなに沢山の湯葉を食べたのははじめてかも!そのほかお豆腐、田楽、おから、どれを食べても美味しかったです。

arashiyama2.jpg

天龍寺に行くメイン通りは、いろんな京のお土産屋さんとかちりめんの小物やかわいい雑貨が売っていて、見ているだけでも楽しい。ちりめんのお店で猫のキーホルダーと猫の壁掛けを購入。

さて、天龍寺。世界遺産です。紅葉も有名で、天龍寺の庭園に入るのに沢山の人が並んでいました。

arashiyama3.jpg

カメラがあまりよくないのか、全然実際の目で見た紅葉の色と写真、だいぶ違います。。。もっと真っ赤ではっきりクリアーな色でとってもステキでした。やっぱり、実際に見るのが一番ですかね~(笑、カメラもっといいの買っておけばよかったとちょっと後悔)

arashiyama4.jpg

迫力のもみじ。真っ赤、この写真よりも真っ赤でしたよぉ。もみじってこんなに紅くなるんだ?と感動してしまいました。久しぶりに美しい紅葉をみました。

arashiyama7.jpg

もみじ、アップ。こぶりな葉のもみじで、密集して生えています。


そして、嵐山と言えば、竹林。もみじと竹林、ずっと見てても飽きない、すばらしい光景でした。

arashiyama5.jpg

竹林の道を通って天龍寺の外へ出て少し散策。人は沢山いて歩くのがちょっと大変でしたが、やっぱり京都の紅葉はすばらしい。この時期に行けてよかった。

arashiyama6.jpg

大満足の嵐山の紅葉でした!

日本滞在の記事はこれでおしまい。今回はあまり出かけられなかったので、ネタがありません(笑)
またフランスと猫とグルメのお話に戻りますね、お楽しみに。

それでは皆様、風邪などひかないように気をつけてくださいね。私のほうは週末ゆっくりしたので、だいぶ良くなって来ました、ご心配なく。ミミとシェリーシェフは至って元気であります。

スポンサーサイト
静かな夏 常陸太田市西山荘
日本滞在記、続き(多分最終?)です。

日光一泊旅行の帰りに立ち寄ったところ。

seiz1.jpg


皆さんは多分「常陸太田市の西山荘」と聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、天下の副将軍徳川光圀公であらせるぞぉ~、この紋所が目に入らぬかぁ~!!(あれ、違う?)時代劇でおなじみ水戸黄門様が隠居されていたところです。

seiz2.jpg


竹林のすばらしい小道をあがっていくとひっそりと西山荘が見えます。(↓写真はみみにゃん父の後姿、こんな感じで水戸黄門様も小道を上がっていったのでしょうか??? いや、水戸黄門はもっとスマートで颯爽と歩いていたかも??笑)

seiz3.jpg


華美を嫌っていたそうで、確かに徳川家の人が住んでたの?と思われるぐらいかなり質素なたたずまいです。茅葺屋根の平屋建て、晩年はこの茅葺屋根の質素な書斎で「大日本史」の監修にあたっていたようです。
水戸黄門のテレビ時代劇では助さん格さんというお供が二人ついていますが、なんと助さんは実在した人物のようで、敷地内に助さんの住居跡がありました。助さんは水戸黄門に任命されて大日本史の資料などを各地から集めたりしていた学者(?)さんだったようで、黄門の隠居時に近くに呼び寄せられて小姓頭となってずっと仕えていたそうです。

質素な隠居住と言っても紀州から取り寄せたという杉、竹林、池、石の小道、その自然と調和したような茅葺屋根の家。趣味(?)で自ら耕していたという小さな水田があったり、シンプルでもかなり計算された調和が見事なところでした。

seiz4.jpg

西山荘の見学が終わって、しばらく庭園を歩くと近くにはこんなステキなもみじの木。せみがとまっています、なんだか静かな日本の夏、という趣です。こういう素敵なところに小さな茶屋があるのを発見。みんなで一服頂きました。

seiz5.jpg

ここも秋の紅葉の頃はもっと素敵だと思います。


おまけ:今日のミミは、お気に入りのブルーのフリースの上で爆睡してます・・・。

dodomimi1_20130831171850c77.jpg
世界遺産 日光の社寺訪問 その2
日光の1泊旅行の続きです。

前回は三猿のところまでアップしました、三猿の彫り物が施してある神厩舎の先を進んで行くと次々と美しい建造物やらがあり、きらびやかな陽明門をくぐるとすぐの建物には国宝の「眠り猫」の彫り物があります。

ちょっとぼやけちゃってますが、こちらが眠り猫。日光にちなんで、日の光を浴びて眠っている猫、平和、はたまた何か隠れた意味があるのか、作者も左甚五郎なのかどうかもはっきりしていないようで、いろんな解釈があるようです。でも、見るとフツーの猫がのんびり眠っている感じでした。

nikko6.jpg

続いて、御本社。金泊の装飾ですばらしいです。

nikko5.jpg

中は撮影禁止でしたので、写真はないのですが、拝殿の襖には架空の動物「麒麟」の絵(キリンビールのあの麒麟です)がありました。

あとはヘトヘト&汗だくになりながら階段を上がって奥宮拝殿へ行ったり、鳴き竜の天井画をみたり、その辺を散策。かなり見所がありました。
日光駅の近くでお昼を食べて、有料道路のもみじラインへ。

もみじは8月でしたので紅葉ではなく新緑、真緑でしたが、とてもきれいでした。くねくね曲がるカーブを上っていき、あちこちに滝やら富士見台(晴れると富士山まで見えるらしいです)やもみじスポットなど景色がきれいなところがあり、車をとめてしばし見学。

nikko8.jpg

紅葉の時期に行ったらどんなにステキでしょう!沢山のもみじに囲まれています。

nikko7.jpg

新緑のもみじを堪能して、お楽しみの塩原の温泉旅館へ向いました。塩原はお湯がとても良かったです、源泉駆け流しのところへ泊まりました、贅沢に温泉に何度もつかり、お肌もつるつるに!!!

お宿の美味しいお料理を食べて、次の日は近くの千本松牧場へよって、お土産を購入したり、牧場のしぼりたての牛乳ソフトを食べたり、美味しかった~。牛乳ソフト、ミミにも食べさせてあげたかったな~。

楽しい・美味しい日光旅行でした~。


おまけ:今日のミミ、シェリーシェフに抱っこされてうっとり。そのまま赤ちゃんのように寝ちゃってました~。いいな~、私もこんな風にミミ抱っこしたいな~!!(させてくれません・・・)

chefmimi.jpg
世界遺産 日光の社寺訪問 その1
日本滞在記第一弾で~す。

私の住んでいるリヨン市の旧市街、歴史地区は1998年にユネスコの世界遺産に登録されましたが、同じ年に日本でも世界遺産に登録されたところがあります。栃木県日光市の日光の社寺。私は昔2度訪れていましたが、世界遺産になってからは行ってないし、シェリーシェフは日光には行ったことがないので両親と1泊で旅行に出ました。徳川家康が祭られている日光の東照宮、有名ですね~!!東照宮には有名な「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿や「眠り猫」などの彫り物があります。

まずは社寺に入る前に既にステキな光景が!!新橋です、うんうん、さすが日光ですね~。

nikko.jpg

世界遺産登録の記念でしょうか、社寺入り口見え難いですが「世界遺産 日光の社寺」と彫ってありました。

nikko1.jpg

ここを入って階段を上っていくと、すばらしい五重塔が見えます。

nikko2.jpg

東照宮へ入る石鳥居です、その辺のフツーの神社の鳥居ではなくかなり格式高い感じの石鳥居に思えました。

nikko3.jpg

拝観受付所で入場チケット(?)を買って先に進むと、有名な三猿が彫ってある神厩舎があります。ご神馬をつなぐ厩(うまや)だそうです。なんでも昔から猿が馬を守るということで猿の彫刻が沢山彫ってあるようです。三猿の意味は「幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かないほうがいい」という教えだそうです。

nikko4.jpg

写真は全てシェリーシェフに任せていたのが失敗、三猿は有名だからちゃんと撮ってね、と念を押したのですが、なんと全然関係ない猿の彫り物を撮ってました。そんなわけで三猿のアップ写真がありません、ご了承ください・・(笑)



今日はこの辺で。また日光その2をアップしますね~。


おまけ:今日のミミ、私のお膝の上で。かっ、かわいい~♪

dodomimi1.jpg
日本から買って来たお土産
いつも日本の実家に帰るとスーツケースに入るだけ沢山の日本食やらお土産、雑誌、書籍などを買って帰ります。今回ミミにもまたお土産を買いました。日本滞在記の前に買って来たお土産のご紹介です♪

じゃじゃーん。

souv1.jpg

写真左から、前回買った日本の猫草。フランスにも猫草キットは売っていますが、ここまで気が利く猫草キットは売っていません。
写真の真ん中、猫のおやつのかまぼこ。日本っぽい食べ物をミミにあげたかったからです。にぼしとこのかまぼこ、どっちにするか迷いましたが、煮干は袋を開けたら煮干の臭いがきつそうかな、と思いかまぼこにしました。たらとサーモンのかまぼこ。
写真右、またたびシート。またたびの粉はミミが凶暴化したので、粉じゃなくて違う形のを、と思い買ってみました。

結果。

猫草はセット中です。生えるまで一週間かかるので、ミミ楽しみに待っててね~。

souv7.jpg


かまぼこは、においを嗅いで、ちょっと口につけたらぷいっと「これいらない」と去っていきました。かまぼこはお気に召さなかったようです・・・。残念。にぼしのほうが良かったかしら???
あ、猫用の国産和牛スティックのほうがよかったかしら???(笑)やっぱり、お魚はイマイチらしいです。

またたびシート、大歓迎~!!!

souv4.jpg

ごろんごろんしてます♪

souv5.jpg

シートの入っていた袋にもまたたびの匂がついている?ミミが袋に顔を入れてます。。。

souv6.jpg

このまたたびシートは匂だけなので効果が和らいでいるようで(?)ミミはごろんごろんして遊んで全然凶暴化してませんでした。喜んでいただけたようです、うれしいです!
そのうち時間が経つとさすがに飽きるようなので、シートをしまいました。30日ぐらいはまたまたびの効果があるそうです。時間をおいてまたシートを出してあげようかと思います。


おまけ:人間用(自分用)お土産(笑、お酒ばっかり???)。実家茨城の特産品です♪

souv8.jpg

左は、茨城米で作られている日立市のお酒、大吟醸「大観」。茨城出身だった画家横山大観が好んで飲んでいたお酒らしいです。すでに試飲しました、大吟醸でもすっきりした飲み心地でとても美味しかったです。
右は前回も購入、偕楽園の梅林で有名な水戸市の「百年梅酒」。ブランデーベースではちみつも入っています、濃厚でかなり美味しいです。梅酒がお好きな方、是非お試しください~。

プロフィール

みみにゃん

Author:みみにゃん
緑の野菜とおそばが好きな飼い猫(ミミ)と、料理人でフランス人の夫(シェリーシェフ)とフランスのリヨンに住んでいます。フランスでの暮らしのあれこれ、レシピ、食べ物、猫のことなど気ままに綴っていきます、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。