2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブダペスト旅行記 その3 食べ物編
ブダペストの旅行記、食べ物編です。旅行ではその土地の美味しいもの食べて飲むのが楽しみで、ウィーンでも念願のカフェ巡りをして、ブダペストでもステキなカフェ、ハンガリー料理のレストランなど大満足でした。

ハンガリーはパプリカ、トーカイワイン、フォアグラなどが有名です。ブダペストの胃袋、中央市場へお土産を買いに行って見ました。建物もなんだかステキです。
buda15.jpg

中はとぉ~っても広い!全部見てまわるのが大変なぐらいです。そして、どのお店で買ったらよいのか迷います。2階建てになっていて、下は食品など。新鮮なお野菜、パプリカ、ソーセージ、肉屋、フォアグラ専門店、ワイン屋さん、など沢山並んでいて、とても楽しかった。ここでパプリカパウダーやいろいろお土産を買ってきました。
buda16.jpg

夜のディナーに行ったハンガリー料理のお店。オシャレなお店で、お料理もハンガリーのロゼのスパークリングワインがとってもすっきりして美味しかった。前菜にはハンガリープレートをオーダーしてお友達とシェアしました。パプリカのソーセージ、グースのスモーク、パテなど、どれも美味しかった。
buda7.jpg

お友達がメインにとったお店のスペシャリティー、ハンガリーのグラーシュスープ。パプリカの色がとっても鮮やか。
buda8.jpg

私はチキンパプリカを。パプリカとサワークリームのソースがとても美味しかったです。
buda9.jpg

デザートのチョコレートスフレと甘酸っぱいカシスのシャーベット。
buda10.jpg

大満足のお店でした。ブダ側のヒルトンホテルのある通りのお店。このあたりにはおしゃれなレストランやワインバーがあって、どこに入ろうか結構迷いました。ハンガリーのお料理、とっても気に入りました。

お次は、シシィことエリザベート妃も通ったペスト側のジェルボーカフェ。シックなカフェです。ここで朝食をとりました。ブリオッシュにホットチョコレート。朝からとっても優雅が気分になれました。
buda12JPG.jpg

カフェではいろいろケーキやお菓子、チョコレートなどが販売されていて、ここでもお土産にチョコレートやクッキーの詰め合わせなど買ってきました。どれも美味しかった。下はランチに食べたローストビーフのサンドイッチ。
buda21.jpg

お土産に買ったパプリカパウダー。オリジナル、辛口、など種類があるようでした。これでチキンパプリカか、グラーシュスープを作ってみようと思います。
お土産の写真を撮っていると、ミミがなぜかやって来てお土産チェックしてました(笑)
buda23.jpg

美味しい楽しい旅行でした☆ これで11月の旅行記は最後になります。(年内に書けてよかった、ほっ!)

スポンサーサイト
ブダペスト旅行記 その1
ブダペストの旅行記になります。まずは観光編。(猫ブログ目当ての方はスルーしてくださいねー!)
旅行に出る前はウィーンにどうしても行きたかったので、ウィーンをメインにして、ブダペストかプラハかどちらかにちょこっと寄れればいいかな、ぐらいに思っていたのですが、実際に行ってみて、私はウィーンよりもブダペストが好きになりました。
ブダペストは私が思い描いていた昔のヨーロッパの美しい町並み、というのにぴったりはまり、とっても気に入ってしまいました。またいつか訪れてみたいところです。

ウィーンからは列車でブダペストに移動しました。2時間ぐらいで着きます。意外と近いんですね。
ハンガリーはユーロ圏ではないので、駅でユーロをハンガリーのお金フォリントに交換しました。でも、実際にはあちこちのお店でユーロ表示もあり、しかもユーロ支払いでもOKというお店もかなりあり、びっくりしました。

ブダペストは賞味1日半でしたが、比較的コンパクトな町ですので、頑張れば歩いて観光できます。ブダの丘や王宮などは丘を上がらないとならないので、ケーブルカーやバスで移動すると便利です。

ブダペストの町はドナウ川を挟んでブダとペスト地区に分かれています。川沿いの眺めはとってもロマンチックでステキです。チェーン橋から見える王宮。
buda0.jpg

川沿いにはこんなレトロな電車が走っています。なんだかいい感じ。
buda24.jpg

チェーン橋のライオンさん。
buda1.jpg

橋を渡ってブダ側へ。ドナウ川反対岸からみる町並み。
buda2.jpg

ケーブルカーで上って王宮へ。
buda3.jpg

歩いてマーチャーシュ聖堂へ。中がとってもすばらしいです。
buda4.jpg

元はロマネスク様式で建てられたらしいのですが、その後ゴシック、ネオゴシックに改装されたり、トルコ支配時にはフレスコ画が描かれも一時モスクになったりしたようで、内装が見たことないような感じで美しかった。
buda5.jpg

マーチャーシュ聖堂のすぐ傍にある漁夫の砦。
buda6.jpg

ブダペストは美しい夜景も有名で、夜のドナウ川沿いの夜景を楽しんで来ました。夜の王宮。黄金に光っています。
buda11.jpg

マーチャーシュ聖堂も美しい。
bud4.jpg

チェーン橋の夜景。
buda25.jpg

ウィーン旅行記 その2 カフェ巡り
ウィーン旅行記の続きです。こちらはカフェ巡り編です。

ウィーンとブダペストで私が楽しみにしていたのはカフェ巡りで、(って、観光よりも先に食べ物重視ですが。。。)、期待通りカフェのレベル良かったです!ウィーンは日本やフランスに比べてコーヒーの種類が多い!メニューのコーヒーのページがすごくて、何を頼んでいいのか迷いました。カフェオレにしても何種類かあって、カプチーノはもちろん、クリームの入ったコーヒーや、リキュール類の入ったコーヒー、いろいろありました。

初日のランチに行ったモーツアルトカフェ。お店の人もとても親切で感じが良く、内装も落ち着いた感じでゆっくり落ち着けるカフェでした。ケーキも甘すぎず美味しかった!

vie14.jpg

小雨で寒かったのでグラーシュスープをまず頼んで温まりました。写真ではホットチョコのようにも見えますが、これスープです。中には牛肉やじゃがいも、にんじん、玉ねぎにセロリなどが入っていて、お野菜はじっくり煮込まれて小さくやわらかくなって美味しかった。トマトとパプリカで煮込んだスープで、意外にボリュームありです。
vie5.jpg

スープの後はお目当てのケーキセット。しっとりチョコレートケーキ。甘すぎず、スープで結構お腹いっぱいになっていたのですが、パクパク食べちゃいました。コーヒーはミルクムースのたっぷり入ったカフェ・メランジェ。
vie6.jpg

お次は2日目に訪れた美術史美術館の中のカフェでランチです。美術館入り口ホール。階段と大理石の柱が豪華な美術館です。
vie15.jpg

天井画もすばらしい。この美術館の入り口ホールはホント、豪華絢爛で圧倒されます。
vie16.jpg

美術館の中のカフェは、お昼時は人が混んでいて待っている人も沢山いるし、あまり落ち着いて食べられませんでした。急いでサラダとコーヒーを飲んで、スイーツは食べず退散。ちょっと残念でした。
vie17.jpg

最終日、3日目のウィーンのカフェ巡り。
シェーンブルン宮殿の庭の奥の離れにあるカフェでランチを取ったのですが、ここはいまいち。写真なし。眺めはいいのですが、ソーセージーもコーヒーもあまり美味しくなかったかも。
午後のスイーツはウィーン名物のザッハートルテを食べに、王宮御用達らしいカフェ・デメルへ。

vie18.jpg

お目当てのザッハートルテ。甘いらしいと聞いていたので、さっぱりと紅茶にあわせてみました。チョコレートバターケーキの上に溶かしチョコレートでコーティングしているケーキ。このチョココーティングの部分、やたらと甘い。甘党の私でも食べているうちに歯が溶けそうなぐらい甘くて、最後のコーティングはちょっと残してしまいました。。。中のケーキの部分はとっても美味しかったです。 
vie12.jpg
vie19.jpg

ザッハートルテだけではなく、いろんな種類のケーキが並んでいて、どれを食べるか迷うぐらい種類がありました。お菓子、ケーキ、チョコレート、いろいろ売っていて楽しかったです。中でも、ラング・ド・シャ(猫の舌)という名前がついている舌の形の薄いチョコレートは可愛らしかった。赤い舌を出してる猫のデザインがかわいい♪
vie13.jpg

他にもいろいろ良さそうなカフェ、地元の人が行く落ち着けるカフェなどウィーンには沢山のカフェがありましたけれど、今回は初めてでしたので有名どころのカフェに行って見ました。次行ける機会があったら、地元の人が良く行くカフェにも入ってみたいな、と思います。

次はブダペスト旅行記に移ります。お楽しみに!
ウィーン旅行記 その1
暖冬なのかも、と思っていたら、やはりこちらフランスも寒くなりました。 明日はマイナス4度の予報で、外出たくないかもー。ミミとごろごろしてよう、と予報を見ながら思ってしまいました。

さて、ウィーンとブダペストの旅行記を書こうと思いつつ、もう1ヶ月もサボってしまってました。。。11月の旅行だったし、年内には旅行記を書いておかないと、と思い直して一気に書きますので、猫ブログお目当ての方はどうぞスルーしてくださいね。

11月半ばの旅行ですが、ウィーン4泊(観光は賞味3日)、ブダペスト2泊(観光は1日半)の1週間の旅行でした。まずはウィーン観光から。

ウィーンの町並み。オペラ座からシュテファン教会までのメインストリート。

vie1.jpg

ウィンドーショッピングをしながらプラプラと歩いてシュテファン教会へ。中は豪華な内装でした。
vie2.jpg

シュテファン教会からちょっと高級なお店が並んでいる通りを通って王宮へ。歩いてまわれます。
bud2.jpg

王宮入り口のところに、クリスマスマーケットが並んでました。
vie3.jpg

そして、馬車も入り口で待機してました。ちょっと寒そう。。。
vie0.jpg

天候に恵まれず、あまり写真を撮ってなかったのですが、王宮エリアにあるシシィの博物館と内装が豪華絢爛な美術史美術館を見てきました。シシィ博物館では、シシィの実際に来ていたドレスが展示されていたのですが、細い!!ウエストのくびれがものすごく細くて、びっくりしました。内臓飛び出そうだし、体には良くなさそう、とかつい思ってしまいましたが、シシィの,美意識の高さにはすごいとしか言いようがありません。過酷なダイエットやトレーニングなどをしながら、長身の彼女は(172センチだったそうです)生涯ウエスト50センチに体重50キロをキープしていたとか!

王宮(ホーフブルク宮殿) 雨が止んで晴れた隙にパチリ。
vie9.jpg


王宮のすぐ横の公園にあるモーツアルト像。なんだかステキな感じです、実際こんな方だったのでしょうか?
vie4.jpg

市内中心をちょっと離れて、次は映画「第三の男」の舞台となったプラーター遊園地。この映画がなかったら、ちょっとさびれた古い遊園地って感じですが。。。 
vie7.jpg

映画で有名になったプラーターの観覧車、乗って来ました!なんと、大きなボックス型の観覧車で、普通に観光客が乗る椅子が置いてあるボックスに、要予約で食事やちょっとしたイベントができるキレイなテーブルセットが置いてあるボックスまであります。面白い観覧車でした。↓こちらが食事ができる観覧車のボックス。私達は勿論普通のボックスに乗りました。広くて快適でした。広いボックスの観覧車って始めてみました。
vie8.jpg

さて、ウィーンで最終日にとっておいたハイライト、シェーンブルン宮殿。ここは絶対行ってみたいと思っていたところ。
ハプスブルグ家の夏の離宮として使われていた宮殿。ここでマリアテレジア、マリーアントワネット、その後フランツヨーゼフ皇帝とシシィ(エリザベート妃)が過ごしたところで、各部屋内装がとてもすばらしかった。

vie10.jpg

シェーンブルンの庭がとっても素晴らしいときいていたので、わくわくしながら行ってみると、なんと冬季のため庭はお花もなにもなく、庭師の人たちがあちこちで土を掘り返したり春に向けての手入れをしているところでした。がーん!
シェーンブルン宮殿は夏の離宮に使われていた、ということだけあって、やはり花と緑の時期に行くべし。。。。
こちらは庭の奥にある離れ。中にはシェーンブルン宮殿を眺められるカフェがあります。
vie11.jpg

次はウィーン旅行記その2 カフェ巡りと食事編です!
シアトル 旅行記その5 
さてさて、夏のアメリカ西海岸の旅行記最終回になります。旅行記はあまり書き慣れてないし、いろいろ調べ物をするのが面倒になってきたので(おいおい・・・)、シアトル観光をぱっとまとめて終わりにします。次回からはまたフツーの猫やグルメの話にもどりますねー!

スペースニードルのすぐそばのガラスのアート、チフリ・ガーデン・ミュージアムに行きました。この花、ぜんぶガラス細工!大きいのですごい迫力で、しかも色合いもとってもステキ。

seatt1.jpg

ミュージアムに入るとまず、このブルーのブーケ!かなり大きいのです。

seatt2.jpg

巨大なガラス細工のお花畑!

seatt3.jpg

お庭にも、不思議と自然と調和しているガラスアート。シアトルに行ったら是非行ってみて下さい。とても見ごたえのあるミュージアムでした。

seatt4.jpg

さて、その次の日はシアトルからフェリーに乗ってベインブリッジ島へ行ってきました。フェリーの上から振り返ってシアトルの街の写真を撮りました。

seatt5.jpg

ベインブリッジ島、のんびり素敵な島です。こんなところでのんびり午後を過ごしました。

seatt6.jpg

フェリー乗り場の近くのハーバーが一望できるバーで夕方ちょっとつまみながら地元のビールを飲んだり。

seatt7.jpg

シアトルへ帰るフェリーからは富士山に似た美しい形のマウント・レーニエが見えました。

seatt8.jpg

島でのんびりした次の日はデパートでショッピングをして、それからシアトルの空港の近くにある航空博物館へ行って見ました。ここはスケールが半端ない!全部ゆっくりみたら一日はかかるかも、というぐらい広い。飛行機の歴史がわかりやすく展示されています。

こちらは初期の飛行機の模型。

seatt10.jpg

次に世界大戦時の戦闘機などの展示が沢山あったり、最初の旅客機ボーイング一号があったり、大統領の専用機やコンコルドなどもあって、中に入れるようになっていました。↓これが大統領専用機。

seatt11.jpg

天井に飛行機が沢山つってあったり、ええー!と思うようなすごい博物館でした。

seatt9.jpg

シアトル、なかなか面白い町でしたー。

プロフィール

みみにゃん

Author:みみにゃん
緑の野菜とおそばが好きな飼い猫(ミミ)と、料理人でフランス人の夫(シェリーシェフ)とフランスのリヨンに住んでいます。フランスでの暮らしのあれこれ、レシピ、食べ物、猫のことなど気ままに綴っていきます、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。