2013/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セップ入りかぼちゃのグラタン レシピ
先日の旅行で買ってきたお土産の乾燥セップ茸を使って、シェリーシェフがグラタンを作ってくれました~。
こちらは、数日インディアンサマーのような快晴で気温も高い日が続いていたので、外のバルコニーでお食事です。

cepe2.jpg


キノコ入りかぼちゃとポテトのクリームグラタンの作り方

材料 大きなグラタン皿に一杯できる分量です

*乾燥セップ 50グラム (きのこなら何でも良いと思います、生きのこでしたら150グラムぐらい)
*ジャガイモ 500グラム
*かぼちゃ  500グラム
*玉ねぎ 中1個
*にんにく 4片
*ハム お好きなだけ
*生クリーム 25cl
*パルミジャーノチーズ 200グラム
*塩・コショウ・ナツメグ 適量
*オリーブオイル 適量
*水 1リットルぐらい

深めの鍋にオリーブオイル、みじん切りにした玉ねぎとにんにくを入れて香りが出てきたら、お湯で戻したセップ茸を入れて炒めます。その後薄切りにしたジャガイモとかぼちゃ、塩・コショウ・ナツメグを入れてしばらく炒めます。
水を1リットルぐらい入れて、蓋をしないで水がちょこっと残るぐらいまでコトコト煮ます。ハムと生クリームを入れて混ぜます。
グラタン皿に入れて、チーズを振りかけてオーブンへ。オーブンで30分弱ぐらい焼きます。

フレッシュセップが手に入らなかったので、乾燥のものを買って来ましたが、フレッシュなきのこなら何でも美味しいと思います。

出来上がり~。

cepe1.jpg


食べていたら、横からミミが覗き込んでました。何かいい匂いがする~、何々???

cepe4.jpg
cepe5.jpg


シェリーシェフ、ミミにも味見頂戴よぉ~、とお膝にちゃっかり乗っちゃってます。グラタンは熱いからダメだよ。代わりにミミの好きなハムとチーズを味見にあげました。

cepe3.jpg


ご馳走様のポーズ、ミミもお外で気持ちよいね~!

cepe6.jpg

私達も美味しい季節のお料理を食べて大満足でした~。


レシピとは関係ないですが、ちょっとお知らせ。

仕事の用事で、今週、来週は出張が入ってしまいましたのでブログのアップと皆様の楽しいブログ訪問はしばらくお休みさせていただきますね。
また戻ってきましたら、報告致しますね!それでは、また~。

ミミはまたシェリーシェフとお留守番になります 寂しくなるな~。
スポンサーサイト
ピュイ 世界遺産のある町
さて、週末のプチ旅行からリヨンへの帰り道にちょこっと寄り道して、ル・ピュイという町に行って来ました。
ここは、1998年にフランスの世界遺産に登録されたサンティアゴ・デ・コンポステーラという巡礼路の一部です。

車でル・ピュイ・アン・ヴレという町に入るとすぐに目に入ってくるのが、突起したゴツゴツした岩山とその上にある建物、礼拝堂です。近くまで寄ると、そのすぐ横にはマリア様の像が。

puy4.jpg

なんだか不思議な光景です。マリア様が町を優しく見守ってくれている、という感じがします。

puy6.jpg

こちらは、ノートルダム大聖堂。

puy2.jpg

大聖堂の中には、なんとミミにちょっと似てる猫さんが住んでいました。お祈りしている人にすりすり甘えたり、私たちのような観光客にもすりすりして歓迎してくれました。ちょっと写真はぶれてますが、大聖堂の猫さん。
私に甘えた後はささっと小さな礼拝堂の棚の間に入っていってしまいました、そこが隠れ家なのかな?

puy3.jpg

大聖堂を出て少し上っていくと、今度は建物の窓からかわいい猫さんが外を見てました。ピュイの町は猫が沢山住んでいるのでしょうか。

puy1.jpg

そして、私達が立ち寄った週には中世のお祭りというイベントをやっていて、町の中は中世の格好をした人で一杯でした。こんな感じ↓ 住民は中世の格好をしてお出かけのようでした、毎年やっているイベントらしいので多分住民の皆さんは中世の服を持っているのでしょうね。

puy5.jpg

ピュイはレンズ豆が特産のようで、あちこちにレンズ豆畑が広がってました。
こちらは、週末の旅行で買ってきたお土産。
アルデッシュ特産のはちみつ、乾燥セップ茸、セップ茸入りの豚肉のパテ、それとピュイ特産の乾燥レンズ豆。


puy7.jpg

お土産、早く食べようよ、と待ち中のミミ↓ パテはちょこっとあげるね。

puy8.jpg

大自然でのんびり、食べ物も美味しい、観光もできた満足な週末の旅行でした~!
週末の旅行 アルデッシュ地方
週末のプチ旅行から戻って参りました~。秋の味覚を満喫できた、ご機嫌な旅でした!!
ミミはちゃんとお留守番してくれてました。戻ったら、会いたかったよぉ~、とニャーニャー鳴いてお迎えしてくれました。

リヨンから車で2時間ちょっと南に下がったアルデッシュ地方です、ここは大自然とキノコ、栗、はちみつ、ソーセージ、アルデッシュのワインなどが有名です。週末は、旬のセップ茸を食べるために旅行へ。(食べるためだけ???)
前にも一度訪れたお料理の美味しいホテルレストランへ。

さて、アルデッシュとはこんな感じで山、川、湖と自然が豊かなところです。

ardeche2.jpg

キャンプ場も沢山あって、川でカヌーなどをしたり、ハイキング、ロッククライミング、シェリーシェフの好きなトレランなどいろいろ楽しめます。こういう感じの山の中にお目当てのセップ茸がぽこぽこと生えているのです。
それと、栗の木が沢山あって、マロンクリームやマロングラッセで有名なフォジエの工場があるのもこの地方です。

Ray Picレイ・ピックという素敵な滝を見てきました。駐車場から15分ぐらい舗装された山道を行くとキレイにストンと落ちる滝と切り込みがすごいゴツゴツとした岩々、見えてきました~。滝つぼが深緑になっていて、きれいです。

ardeche1.jpg

ここでちょっとピクニック。パン、ソーセージ、チーズ。フランス風ピクニックランチです。
食べてちょっとのんびり休憩して、予約していたホテルに向いました。

ホテルでチェックインしたら、周辺を散策したり、特産品が買えるお店でお土産を買ったりして午後を過ごしました。
さて、お目当てのアルデッシュ地方の特産が堪能できるディナーコース。シェリーシェフも私も同じコースを頼みました。

マロンリキュールをシャンパンで割ったアペリティフを飲みながら、お料理のチョイスをあれこれ。前菜もメインも3種類ぐらいから選べるようになっていましたが、結局二人とも一致してしまって同じものをチョイス。

前菜、セップ茸のソテー。にんにくとイタリアンパセリでソテーしたシンプルでセップの味が引き立つ一品です。
そうそう、これを食べに来たのです!!

ardeche3.jpg

次、メインはアニョー、子羊のロースト。このお皿のほかにポテトグラタンが付け合せで付いてきました。
お肉はやわらかくて美味しい!!

ardeche4.jpg

チーズの盛り合わせ。いろいろあって、選ぶの大変です。

ardeche5.jpg

デザートは栗とチョコレートのケーキ。ボリュームも満点、お腹一杯。。。

ardeche7.jpg

食後のコーヒー。ちょっと食べすぎたかも、です。

ardeche8.jpg

美味しい、楽しいアルデッシュの旅でした!翌日はピュイというユネスコの世界遺産のある町に寄って来ました、また記事アップしますね。お楽しみに~。


ミミはお留守番でした、つまんない~っと思っていたかな・・・

ardeche9.jpg



週末プチ旅行へ出かけてきます
今日はミミと沢山遊びました 
小さい紙ボールにアルミホイルで良く転がるように補強したスーパーボールちゃんを追いかけて家中走り回ってました!

ちょっと休憩・・・。走り疲れて一時休憩のときのいつものミミのポーズ。ボールを抱えて休憩。休憩中はボール勝手に取って投げないで!ということです(笑)

supb1.jpg

ボールを抱えて休憩していたら、ちょっと眠くなっちゃったな、という感じのミミ↓

supb3.jpg



↓完全休憩中。もうボールはどうでも良くなったようです。(ドアップ!)


supb2.jpg



ところで、週末は一泊でプチ旅行に出かけてきます。ミミはお家でお留守番です。
マロンやセップ茸など秋の味覚の美味しいお料理を出してくれるホテルをシェリーシェフが予約してくれました。リヨンから車で2時間ぐらい南下したArdeche地方です。

では、行って参ります~!皆様良い週末をお過ごし下さい
あ、日本はまた3連休でしたよね?
いいな~、こちらフランスは普通の土日だけの週末です。
リュネット フランスのサブレ レシピ
またまた、みみにゃん作のレシピご紹介です。今日はフランスのリュネットという名前のサブレのレシピです。
フランス語でリュネットとは眼鏡という意味です。なぜ眼鏡かと言うと、大きなリーフ型に抜いたサブレの真ん中を更に眼鏡のように丸い小さい穴を2つあけているからです。ジャムをサンドしたサブレクッキーで、丁度丸い2つの穴からジャムが見えて眼鏡っぽいからです。

lunette5.jpg

みみにゃんは、リーフ型の型抜きも丸い小さいクッキー型もなかったので、コップで丸いサブレを型抜いて、更に真ん中は小さい犬型で抜いてジャムを挟みました。(リュネットレシピなのに、全然眼鏡になってませんが、すみません。。。)

さて、レシピです。

lunette1.jpg


材料
*小麦粉 250グラム
*アーモンドプードル 30グラム
*バター(常温)150グラム
*粉砂糖 100グラム
*卵1個
*塩 ひとつまみ
*お好きなジャム 適量

材料を量って用意します。ミミはバターの匂につられて、やってきました。椅子に座ってみてます。(なぜかちょっとぶーたれてる)

lunette2.jpg

常温のバターと粉砂糖と卵一個をボールで混ぜ合わせます。
その後、小麦粉、アーモンドプードル、塩ひとつまみを加えてまぜます。超簡単です。↓こんな感じ。

lunette3.jpg

手でまぜたので、かなり手はバターでベトベトになります。お気をつけて。
混ざったら、ラップに包んで冷蔵庫で2時間休めます。

lunette4.jpg

2時間後、冷蔵庫から取り出して生地を平らにのばして、型抜きして焼くだけです。オーブンは170度に温めて、10~15分ぐらいで焼きあがります!オーブンで焼いているのを見ているミミ↓

lunette7.jpg


焼きあがったサブレを少しさましてから、お好みでジャムをはさんで出来上がりです。ジャムをはさまずにそのままサブレとして食べてもおいしいです!みみにゃんは、この前作ったブルーベリージャムを挟んでみました~。
簡単なので、是非お試し下さい。

lunette6.jpg




ミミにサブレ味見あげたのですが、お気に召さなかったようです。。。(私は美味しく頂きましたが)
うちの子になって2年 ミミ
9月16日はミミの記念日です!フランスの動物保護施設SPAからミミを引き取って、うちの子になって2年目の記念日です~

ミミは今日は甘えてくれてます、ひざの上で私の手枕でお休み中。かわいいなぁ~。

2ansmimi1.jpg



2年記念日、ミミの大好きなものを作りました。釘付けになってみている先は?

2ansmimi2.jpg

これで~す。インゲン!

2ansmimi3.jpg


早く早く!!ミミ催促してます。調理台まで登ってきてしまいました。茹でるから、もうちょっと待ってね~!

2ansmimi4.jpg

インゲンを茹でて水にあげて冷やしました、もう食べてもいいよぉ~。

2ansmimi5.jpg

ガォー!!怪獣ミミです(笑)

2ansmimi6.jpg


べジ猫なミミです。うちの子になってよかった?ミミも幸せ?なんて聞かなくてもわかりますネ

オニオン キッシュ レシピ
日曜日は、午前中半日ほどシェリーシェフが山に走りに行って(トレイルランです)しまったので、ミミとのんびりお留守番でした。お昼ぐらいにはお腹を空かせてシェリーシェフが帰ってくるだろうから、ちょっと料理でもしてみるか、とミミとキッチンへ。

私でも簡単に作れるレシピです、玉ねぎたっぷりのキッシュ。

quiche8.jpg

オニオンキッシュ 材料

*玉ねぎ中5個ぐらい (600グラム)今回は甘めの白玉ねぎで作りました
*パートブリゼシート 1枚 (練り込みパイシート1枚)
*卵3個
*生クリーム 20cl
*牛乳 10cl
*バター 25グラム
*塩、コショウ 適量

材料の写真を撮ろうと食材を置いていると、やって来ました、ミミ。食材チェックです(笑)

quiche1.jpg

ミミが邪魔でよく見えないので、もう一枚、ちゃんと食材の写真パチリ。こちらが今回使用した食材で~す↓

quiche2.jpg

作り方。市販のパイシートを使うので超簡単で~す。(シェリーシェフは納得いかないかもしれませんが・・・)

玉ねぎをざくざくっと割と太めに切って、バターと炒めます。ポイントは、時々ちゃんとまぜて焦げ目がつかないように。最初は中火でバターと玉ねぎをよくからめたら、弱火で蓋をして20分ぐらいやわらかくします。


quiche5.jpg


玉ねぎをやわらかく炒めている間、ボールに卵、生クリーム、牛乳、塩、コショウを入れてよく混ぜます。ミミも横からチェックしてます(笑)

quiche3.jpg

それからキッシュ皿にパイシートをひいて行きます。フォークで生地に穴も開けてください。

quiche4.jpg

この上に玉ねぎを炒めたものを投入。

quiche7.jpg

その上から更に先ほどのボールで作った卵液↓をざーっと流し入れます。

quiche6.jpg

オーブンで焼いて、出来上がり!最初の8分は230℃、その後200℃で20~25分ほど焼きます。こんがりと焼き目がついたら出来上がりです。

quiche9.jpg


玉ねぎの甘さが美味しい、キッシュでした、美味しかったです!(注、バター、生クリームたっぷりで結構高カロリーなレシピなので、カロリーコントロール中の方は気をつけてくださいね~。)





ミートソース大量に作りました
毎年夏、というかトマトが安くなるシーズンになると、トマトを大量に市場で仕入れてミートソースを作ります。(勿論作るのはシェリーシェフですが・・・)沢山作って、小分けにして冷凍保存します。パスタにしたり、ラザニア、野菜炒めなどにかけたり、突然の来客にも使えて、とても重宝です。

トマトはおそらく5キロ近く買ったでしょうか、牛挽肉もお肉屋さんで大量購入。

トマトソースをまず大量に作っていました。トマトの種やらローリエやタイムを香りつけに入れているので、それらを取り除くためにきちんとこしています。

bolog1.jpg

別の大きなココット鍋で牛挽肉、にんにくをいためてます。

bolog2.jpg

そこにトマトソースを投入し、煮ていきます。これを冷まして、小分けにして冷凍保存します。

bolog3.jpg

全部は冷凍保存せずに、ランチ用に少しミートソースをとっておきました、今日は太めのパスタ、リングイネでミートソースに。

bolog4.jpg

作りたて、ミートソース美味しかったです。今回買ったトマトはいろんな種類のトマトが混ざっていたので、酸味の少ない甘めのトマトソースに仕上がっていました。コショウ、パルミジャーノチーズを加えていただきました。

bolog5.jpg

食後のアイス。この前摘んで来たブラックベリーで作ったジャムをかけてみました。甘酸っぱくておいしい。

bolog7.jpg

ミミには、ちょびっとアイスのお裾分けです。アイスを食べているとどこからともなくミミが現れて、私のアイスを狙ってきます(笑)

bolog6.jpg


さて、週末は(9月14-15日)ヨーロッパ文化遺産の日です。エリゼ宮やら普段一般公開されない施設や文化施設などが無料で一般公開されます。リヨンでもいろいろな施設、美術館など自由に見学できるところが沢山あります。今日は市庁舎や軍事基地跡(新しく公園になるそうです)など見てきました。明日も時間があったら、ちょこっと見に行こうかな、と思っています。

それでは、皆様良い週末をお過ごし下さい~。

ご機嫌、お膝に乗るミミ
昨日の夜はシェリーシェフがお仕事で居なかったので、私のお膝に乗ってきたミミ。とってもご機嫌で、撫で撫でしても猫キックされませんでした(笑)

かわいい~。今日は私の手もベロベロして歓迎してくれました~

nyanmimi1.jpg

このままお膝でずっと寝てました、ミミ。

nyanmimi2.jpg

ちょっと肌寒い日、ミミが乗っててくれると温かい!

nyanmimi3JPG.jpg

手、伸びてます~。

nyanmimi4.jpg



それとお礼が遅くなりましたが、先日は急に病院入りした義理姉に温かいお見舞いのメッセージなどありがとうございました。今週とりあえず退院だそうで、10月初旬に軽いオペをする予定ですが特に大きな問題、リスクはないと説明があったので、みんなほっとしたところです。
毎日こうして健康で元気に過ごせることは、本当に幸せなことで、自分や家族の健康管理もちゃんとしていかないとならないな、とあらためて思いました。
ミミのお気に入り シェリーシェフ
リヨンは昨日から雷雨です、今日も朝から雨が降ったり止んだり、ちょっと肌寒くなってきました。

ミミは朝からシェリーシェフに抱っこされてゴロゴロ、スリスリしてご機嫌のようです。その後シェリーシェフの胸元で手をグーパーしてもみもみ(爪がちょっとひっかかるようでシェリーシェフちょっと痛がってましたが)、それから頭をシェリーシェフのあごにこすりつけてスリスリ。その様子をいいな~、私のところにも来て~とうらうやましく思いながら写真をパチリ。

cherimimi1.jpg

シェリーシェフが立ち上がってどこか行ってしまうと、ようやく私のお膝へと移動してきたミミ。おおっ!!待ってました~♪ 早速お膝に乗ってくれたので撫で撫でしようと手をミミのほうへやると、足蹴りをくらいました(泣)手は邪魔だったようで・・・。

miminyan1.jpg

ちょっとイカ耳で怒り気味。。。おおっと、ごめんごめん。手はひっこめます・・・。
手がなければここにいてもいいけど、的なミミ。しばらくお膝に座ってくれていました~。

miminyan2.jpg



話は変わりますが、シェリーシェフのお兄さんの奥様が救急で病院に運ばれ入院してしまい、バタバタしています。私達と年が近いだけに、なんだか自分のことのようで、とても心配です。今はいろんな検査をしているところで、経過を見守っています。

一日も早く元気になってほしいです。

明日に架ける橋 リヨンの新しい橋
私の住んでいるところのすぐ近くで大イベントがあり、行って来ました!

これ↓です。

pont1.jpg

この写真ではわかり難いですね、写真下手ですみません。。。
実は、新しい橋の建設イベントがあったのです~!!25時間クロノというイベントで、なんと25時間で橋を架けるそうです。

えっ?25時間で?と思いますよね。

実は、橋の人が渡る部分、アーチ橋の本体は既に作られていてローヌ川の別の場所に置いてあって、25時間でその170メートルにも及ぶ組み立て済みのアーチ橋をローヌ川を使って運搬してきて取り付ける、というイベントでした。
朝会社に行くときに車からみたら、大きなアーチ橋がローヌ川を進んでいるではないですか!びっくり。それからおもむろに何時間かかけて橋の着陸地点めがけて大移動。

夕方もう一度見に行ったら、ようやく端と端の着地点と合ったようで、今度は柱となる部分(?詳しくはよくわかりませんでしたが)を建てている作業中でした。↓写真です。

pont2.jpg

この新しい橋の近くの橋の上にはイベントを見に来た人で一杯でした。橋の構造やプロジェクトのステップの説明やいろいろパネルがありましたが、難しいので斜め読みでスルーしてしまいました・・・、でも面白いイベントでしたよ!

ちなみに、この新しい橋は新開発地区コンフルエンスと私が住んでいる地区とを結ぶ橋で、この橋はトラムと人、自転車が通る橋で、車は通れません。車は既存の近くの橋を通ります。夜はライトアップされて白いアーチのキレイな橋です。


おまけ:今日のミミは、シェリーシェフのお膝で手をダラ~っとさせてくつろいでいます(笑)

pont3.jpg



ブラックベリーを摘んで来ました ジャムレシピ
日本滞在記をアップしようと思ったのですが、思ったよりもあまり日本で写真を撮っていなかったことが判明、今回の日本旅行記はおしまい、フランスの記事に戻りま~す。

さて、週末はミュール(ブラックベリー)を摘みに出かけました!リヨンの郊外には沢山の小さな丘や山々があり、この季節になるとブラックベリーや秋の味覚、きのこなどがとれます。
シェリーシェフは趣味で、山々を走るトレイルランをしているのですが、暇さえあればその辺の山々を走って下見をしてくれていました。そしてやっと実が熟してきたようで、今週末ブラックベリーが沢山とれるスポットに案内してくれました!

mure1.jpg


面白いほどとれました、収穫1,5キロのブラックベリー!!このまま食べても美味しいですが、沢山とれたのでジャムにします。ミミも何だろう~?と近寄って来ました。

mure2.jpg

これを大きな鍋に入れて火にかけて実をつぶしていきます。

mure3.jpg

ブラックベリーは小さな種が沢山あるので、種を取り除いていきます。裏ごし器を通して小さい種を取り除きます。

mure4.jpg

思ったよりも種は沢山あります、種を取り除いた100%ブラックベリーエキス(ジュース)です。

mure5.jpg

これをまたお鍋に入れて砂糖とレモン汁を加えて火にかけて煮つめていきます。ブラックベリーエキス1キロに対して750グラムの砂糖を入れます。レモン汁はレモン一個分を入れました。

mure6.jpg

煮詰めていくと糖分が高いのでかなりドロドロになります。ジャム瓶または保存瓶に入れていきます。

mure7.jpg

出来上がり、大小の大きさの違う保存瓶ですが5瓶ほど作れました!

mure8.jpg

パンにつけて食べたり、ヨーグルトに入れたり、いろんなお菓子にも使えます。甘くて美味しいブラックベリージャムができました!!


おまけ:今日のミミ、何か向こうに気になるものがある???

mimitapi.jpg
プロフィール

みみにゃん

Author:みみにゃん
緑の野菜とおそばが好きな飼い猫(ミミ)と、料理人でフランス人の夫(シェリーシェフ)とフランスのリヨンに住んでいます。フランスでの暮らしのあれこれ、レシピ、食べ物、猫のことなど気ままに綴っていきます、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。