2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナント観光 続き
ぽつりぽつりとアップしてますが、先日行ってきたナント観光の続き(多分最終)です。

さて、大西洋の海辺の様子から。雨が降ったり止んだり、天候には恵まれなかった観光でしたが・・・。折角久しぶりに見た大西洋ですが、雨のせいでかなり寂しい風景になってます。

nan2.jpg

少しビーチを歩いていくと、ウインドサーフィンをしている集団もいたり、冷たい海の中に腰までつかってガシガシ歩いている女性も。何かのトレーニングのようでした。↑写真左に小さくちょこっと写っている人がそうです。
それと、ビーチで馬を2頭散歩させている人もいました!綺麗な馬だったので、ちょっと挨拶してなぜ馬を海に連れてきているのか聞いてみると、時々海水にちょこっと馬の足をつけると良いらしいとのこと。近くで乗馬をされている方のようでした。そんなこともあるんだ、とびっくり。海で馬を見かけるとは思ってもみませんでした。大西洋、すごいぞ!

さて、ランチはもちろんシーフードのレストランへ。地元のオイスター!エシャロットと白ワインビネガーのソースかレモンを絞っていただきます。白ワインビネガーソースが良い、とみんなの意見が一致。

nan1.jpg

美味しいランチを食べた後はナント市内へ戻りました。新しく開発されたアートな地区がある、ということで行ってみました。ナントに住んでいる知り合いは「ここは象が有名」と言っていたので、動物園かなにかがあって面白い象がいるのか、と思っていたら、機械の巨大象でした~!!!じゃじゃーん、これです↓


nan5.jpg

この機械の巨大象は人を乗せて45分かけてこの地区を一周、鼻は左右上下に動いて水も吐き出すらしいです。
私も乗りたい~!とチケット売り場に行ったら、今日は雨風が強いので象の機械部分がダメージを受けると大変なので運転中止とのこと、ショック~!!!
写真ではわかり難いかもしれませんが、かなり巨大です。次回は象にのってナント観光リベンジしたいです(笑)

この巨大象が余裕で入ってしまうこの建物は、昔の造船所だったところだろうです。ナントはその昔造船業が盛んだったようですが、衰退して廃業になっていた建物をアート、文化で町興しするというプロジェクトに使うことにしたそうです。この地区にはいろんなものがあって、とっても楽しい!アートな建物、若い人が集まるアートなカフェ、レストラン、バー。変ったオブジェも川沿いに置いてあったり。
こちらが象が入っている昔の造船所の建物。造船所と言っても、なんだか今ではモダンアートのようです!

nan3.jpg

そして、昔の造船所の写真などがこんな感じでさりげなく展示されてます。

nan4.jpg

↓これは、またまたアートなメリーゴーランドです。大人も子供も乗ってる!

nan6.jpg

ナント市、アート文化で町興しプロジェクトは大成功のようで、最近では観光客も沢山訪れるようになって、学生も沢山集まってとっても活気のある町です。それと、フランスで最も住みやすい町ランキングでは上位(今年1位らしいです)に入っているらしいです、すごい!

次回行くときには、もっと写真撮ってこようと思います・・・!楽しくて、写真を撮るのをすっかり忘れてました・・・。
天気には恵まれませんでしたが、楽しいナント観光でした!




今日のミミ:シェリーシェフの隣で調理中のお鍋を見張ってくれてました!

att1.jpg

(ごめんね、ミミ。今日はポチマロン(かぼちゃ)のスープなの・・・、味見できないよ。)

att2.jpg
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
わいの中の大西洋のイメージは、ピッカーンと晴れた常夏の
海(例えばハワイ)って感じじゃなくて、ちょっとしっとりした感じです。
なんでだろうなぁ・・・イギリスとか、雨が多いイメージがあるから
でしょうかね(^^)

ナントの街、アートで町興しっていいアイデアですよね。
芸術家を目指す若い人とか集まって来そうだし、
若い人が増えたら町が活気付きそうですもん!(^^)!
日本人にもこういう発想ないもんかなぁ(笑)

ミミちゃん、今日はお味見できませんでしたかぁ。
変わりに美味しい物もらったかな~
No title
わ〜〜〜すご〜い!楽しそう。
造船業が衰退してもそうして現代アートギャラリーのようにして、街の観光に一役買っているんですね。素晴らしいです!!!
やることが現代アート的なのも、いかにもフランスですね♪
超デカ象さん、乗れなくて残念でしたね(¨;)

しかし海に浸かってトレーニングとは、この寒いのにびっくりです(・0・)
まあサーフィン好きの後輩が冬でもサーフィンするって言いますから・・・
馬も潮水がいいんですかね・・・

さて大きくて美味しそうな牡蠣ですね。そちらでも今、牡蠣のシーズンですか。
その牡蠣の真ん中にある黒いものはなんでしょう?
北海道でもシングルシードっていう大きな牡蠣がありますよ。牡蠣、大好きです♪

ミミちゃん今日は後ろ姿ね。カワイイよ〜
ミミちゃんの背中に哀愁~
こんばんは

このゾウさんの乗り物、見た事あります~!
(・・・と言ってもテレビの旅番組で、ですが)
テレビはボンヤリ見ててどこの場所か知らなかったんですが、
このゾウさんはナントに居たんですね

見どころが多くて楽しそう~(カキも美味しそう~)

そしてミミちゃんは味見できなくて残念~
(哀愁の猫背とクルリンしっぽ・・・・美しい曲線です)
No title
みみにゃんさん こんにちは。
お天気は、ちょっと残念でしたね・・・。 でも素敵な楽しい雰囲気は、十分伝わってきました。

オイスターはラ ロッシェルへ行った時にお昼ご馳走になりました。
とっても懐かしいです。
今では珍しくないけれど・・・、ソースをご主人がキッチンで作っていて振舞ってくれたのに驚き、
そしてホワイトビネガーを始めて食べて日本のお酢に比べむせ返るような感じだったので、それまたびっくり・・・
オイスターを見るといろいろなものに驚いたことを思い出します。

当時、日本のフランスパンは、ふにゃふにゃ・・・!(スーパーで売っているような) そのような食のレベルの時代だったのですよぉ。
オイスターと一緒に写っているものは、わかめですか?
フランス人食べるんですか? それとも飾りですか?

巨大象!すごいですねえ。乗れなくって残念。 次回行く楽しみができましたね。
フランスって、保守的かとおもいきや、面白い国ですよね。

ミミちゃんちゃんといい子にお座りして・・・。羨ましいわぁ~。相変わらず可愛い♥

かぼちゃも種類が違いますが、お味も違うものですか?
煮物には向かないのですか~?
Re: No title
わいさん、こんにちは!

そうそう、そうなんです。イギリスに近いせいか
天気がすぐ崩れることで有名です、8月のバカンス
シーズンでも雨だったり、ちょっと肌寒かったり
しました。

ナント、若い人が集まってとても活気がある町だな、
と思いました。この町興しはとてもいいアイディア
だと思います!
日本でもいろんな町興しがありますが、アート風
にする、っていうのもいいかもしれませんね!
見ていて楽しかったです。
Re: No title
merikoさん、こんにちは!

ナント、とっても楽しかったです、再開発地区はすべて現代アート
風になっていて、どこを見ても楽しかったです。カフェもおしゃれ
でアートな感じでした~。

海につかってトレーニングはちょっとびっくりしました、そう
ですよね、冬でもサーフィンやっている方見かけますものね、
好きな人は寒くても冬の海に入っていくのですねー!!

北海道でも牡蠣とれるのですね!しかも、大きな牡蠣とは、
食べごたえありそうですね~。
今回食べたのは小さい牡蠣でしたが、町の市場にはもう少し
大きなサイズのも売っていました。
Re: ミミちゃんの背中に哀愁~
ももてんさん、こんにちは~!

おお~!この象さんの乗り物、日本でもテレビで紹介
されていたのですか!
悪天候で乗れなかったので動いている姿を見られなか
ったのですが、ネットで調べたらかなりすごい感じ
で鼻からシューシューと水を噴出してまわりの人に
かけながら歩いていくそうで。。。かなり迫力満点な
象さんです。
次回は本当に乗ってみたいです。

ミミは鍋を見ていてくれたのですが、何も味見できず、
かわいそうなのでチーズを少し切ってあげました。。。
やっぱり親ばかしちゃいます、ね!!
Re: No title
Mme Chat noirさん、こんにちは!

ラ・ロッシュに行かれたのですね、こちらはリゾートな感じ
の町ですよね!牡蠣が沢山とれる大西洋側は牡蠣のソース
にもこだわる人が結構いるのでしょうね~。リヨンはなぜか
クリスマスのオードブルで牡蠣を食べる人が多く、冬の時期
沢山大西洋の牡蠣が出回ります。でも、みなさんレモンで
食べてます。自分でソースを作ってない、ですね。

牡蠣の写真に写っているのは、飾り用のわかめです。
わかめは日本食材店ぐらいでしか売っていませんので、
フランス人は全然わかめ食べないですねー。
ちょっと前には女性の間でダイエット食として海草ブーム
がおこり、健康食品が売っているお店でみかけました。




プロフィール

みみにゃん

Author:みみにゃん
緑の野菜とおそばが好きな飼い猫(ミミ)と、料理人でフランス人の夫(シェリーシェフ)とフランスのリヨンに住んでいます。フランスでの暮らしのあれこれ、レシピ、食べ物、猫のことなど気ままに綴っていきます、よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。